真田天馬の潮吹かせブログ

クリトリス逝き・Gスポット逝き・ポルチオ逝き…女性として最高に幸せなセックス(オーガズム・潮吹き・失神・失禁・痙攣)を経験したくないですか?

日記

ワンラック上の快感

投稿日:

もう何年も前の話ですが、激しいセックスをした女性がいました。初めてのセックスで連続オーガズムを味わって以来、毎回連続オーガズムを体験し、ついには簡単にイキっぱなし状態になれるようになりました。こうなると、もうどんな体位でどのようにスラストをしようと、面白いようにイキまくります。

さらなる快感の世界がまだあるのではないかと思うようになり、体位のバリエーションを極めてみたいと考えるようになり、実際のセックスでもテーマをきめて実践してみることにした。

そんな中、「側位づくし」で責めまくったことがあります。中でもクロス側位の効果は想像以上で、自分としてもまだまだ体位一つとっても進化の余地はあるな、と思うようになりました。どうして今まで体位を極めてみたいと思わなかったのかというと、別段どんな体位でやっても簡単に女性がイッテくれるので、これ以上体位やスラストの技術を磨かなくてもいいかな…という慢心がありました。

しかし、体位のちょっとした工夫で、女の快感がさらにワンラック上がっていくということに気が付きました。加えて、それまでは遊びの体位と思っていた駅弁とか、体位変換の際の「つなぎ」の体位だと思っていた座位や側位でも簡単に、しかも普段とは違った深いオーガズムに達することができる…というのを知ったことも大きいです。それならばあらゆる体位を試してみたいし、その中で最も効果的なものを見つけ出してみたい…と思うようになりました。

そんな中で試したのが、「側位づくし」でした。それは女性も驚くほど、未知なる快感との出会いでもありました。ただでさえ気持ちいい側位ですが、クロス側位で片脚を折りながら外側に広げると、途端に絶叫するほどの強烈な快感を感じるようで、ものの数回のスラストでイってしまいました。

しかも、脚の角度や体の開き具合など、いろいろと試しながらなので、挿入してから射精するまで30分以上は激しくスラストし続けたことになります。側位づくしとはいえ、左右に体の向きを変える必要から、途中で正常位や四つん這いバックも挟んだので、膣壁の上側・下側・右側・左側と、もう膣内の壁という壁を360度刺激しまくったことになります。

そして最後は、女性がいちばん感じたクロス側位で突きまくり、イってもイっても休むことなく突きまくりました。イキそうになると、汗に濡れた横向きの大きなお尻がガクガクと小刻みに痙攣をはじめ、それはオーガズムが収まるまで続きますが、その間も彼女の腰をがっちりと押さえ込んで、激しい痙攣でペニスが抜けないように奧深くに突きまくりました。ついにはイキっぱなし状態となり、何度目かの痙攣をしている彼女の体内に向かって、豪快に射精して、やっと自分の腰の動きも止まりました。

さすがに二人ともぐったりとなり、しばらくは動けなかったです。水分の補給をしたあと、二人ともそのまま1時間ほど眠ってしまいました。目を覚ました彼女と、いろいろと側位のことを話ている時でした。「最近のセックスの中では、一番気持ちよかった」というコメントのあと、「あそこがヌルヌルしてる…中がすごいことになっている…」と、恥ずかしそうに漏らしました。

こう言われて興奮しない男はいないですし、どんなになっているのか確認したくなってきました。「なんかシーツを汚してしまいそう」という言葉で、「どれどれ」と掛け布団をめくって股間に割って入りました。確かに、小陰唇までべっとりと濡れてイヤらしく光っています。しかし、彼女が心配していたシーツにまで垂れているというほどでもなかったですね。

濡れてかすかに口を開けている膣口に誘われるように、中に指をツーっと入れてみると、中は熱くてネバネバした透明な粘液で溢れていました。濃い愛液です。膣内の絡みついてくるというよりは、自らの熱でふやけてしまい、だらしなく伸びきっている感じでした。

あれだけ膣内の壁という壁を長時間激しく擦られ、何度も何度も達すると、さすがに抜いてから1時間経っても、膣内は依然大変なことになっているのだなと改めて知りました。ペニスとの摩擦で生じた熱と、イキっぱなし状態で最高潮になった下半身の高熱は、その後も外にもれることもなく子宮をポカポカと温め、快感の余韻で愛液も分泌をやめることなく、激しく擦られた膣内の粘膜をケアするかのように、そのまま中に留まっていました。きっと、彼女の下半身全体は、深いオーガズムの余韻でとろけるようになっているに違いなかったです。そしてそんな反応を引き起こした今日のセックスに、男としても大満足でした。

普通の女性なら、膣内がこうなっていることなど、恥ずかしくて男には伝えないと思います。しかし、彼女とは何でも語り合える仲でしたし、彼女としても今日のセックスがいかに気持ちよかったかを、僕に伝えたかったのだと思います。

滅多に味わえない指の感触を確かめるように何回か抜き差しすると、甘えた声で「ダメ…指…入れちゃ…」と切なそうに訴えてきます。さすがにあれだけイっているので、ここで指でイカせる必要はなかったですね。

静かに指を抜くと、僕は熱く濡れた股間の表情を脳裏に焼き付け、ふらつく彼女を抱きかかえるようにして、シャワーに向かいました。

ワンラック上の快感
 
 

ブログランキング

-日記
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 真田天馬の潮吹かせブログ , 2019 All Rights Reserved.